3月定例会議は3月1日に開会し会期を27日間としました。最初に木幡市長より「ふくしまの新ステージ」に向かって飛び立つために「ひと・暮らしいきいきふくしま」の実現、「産業・まちに活力ふくしま」の実現、「風格ある県都ふくしま」の実現を政策目標とした平成30年度福島市一般会計予算他の議案52件、更に追加議案10件が提出され審議いたしました。更に議案等に対し当会派から5名が一般質問を行いました。

 平成30年度一般会計当初予算は、1,348億4千万円で、除染関連費用を除いても初めて一千億円を超える大型予算となりました。

 当会派の真田広志議員が予算特別委員長に選出されるとともに、萩原太郎議員、白川敏明議員が総括質疑を行いました。慎重なる審査を行い、定例会最終日には、全議案が賛成多数で可決され、当会派より提出いたしました「予防接種に対する国の財政措置を求める意見書」も全会派の賛成により採択されました。