福島市議会議員会派 真政会

会長あいさつ

  • HOME »
  • 会長あいさつ

東日本大震災、原発事故から7年が経過しましたが、今なお除染だけでなく様々な問題により福島市を取り巻く環境は厳しい状況にあります。震災前に調査された少子高齢化社会の進行による本県の人口減推定予測は更に大きく減少すると報道されており、本市においてもこの課題に早急に歯止めをかけなければならないことから予算編成にあたっては子育て世代への施策は最優先課題と言えます。

一方で東北中央自動車道の開通による交流人口の拡大や、東京オリパラの福島市開催など復興の基盤は整ってまいりました。

本年は市制施行111周年、1尽くしの年に中核市に移行しました。新しい福島の復興創生を確実に具現化するため、健全な財政運営を基調として、今後更に拡大する大型公共事業等が次世代への過大な負担とならないよう、真に必要な事業の厳選を見極め、市民の皆様の信頼と期待に応えながら二元代表制の一翼を担うべく活動してまいります。

トピックス過去の記事

会派のお知らせ過去の記事

PAGETOP
Copyright © 福島市議会議員会派 真政会 All Rights Reserved.